メンズファッション野郎@40代からモテる男に俺はなる!

*

40代のダサいファッションの特徴

      2018/05/08

世の中には色んなファッションセンスの人がいます。

服屋へ行っても、たくさん売られているのに気に入る服がなかなか見つからなかったり、時には「誰がこんな服を着るのか?」と思ってしまうようなものも売っていたりします。

周りを見ても、いつ見てもオシャレな人がいる一方で、いつ見てもダサい人がいるのも事実。服に拘っているらしく色んな服を持っているみたいだけど、どの服もダサい人なんていう人も結構いるものです。

ファッションの良し悪しは人の価値観によっても変わるものですが、全員がバラバラであることはなく、やはりある程度のラインを超えると大多数の人がダサいと感じる服装というものはあるように感じます。

ここでは40代のメンズファッションでダサいとされるアイテムや着こなしについてまとめてみることにします。

よくあるダサい40代男性のファッション

①いつまでも青年っぽい服装

40代でも中学生頃に着ていたようなカジュアルライクな服装をしている男性は多いです。自分はまだ若いと思っている人に多いような印象を受けます。

②スポーティーすぎる服装

太ももくらいまで短い短パンとか、ジムに行くような恰好で街を歩く人も見かけます。

③ヨレヨレの服装

どの年代でも論外ですが、いい大人になっても服にお金をかけられないのかと思うような服装で歩く40代もいます。

 - 40代男性ファッション ,