40代 髪型 メンズ 薄い人

早い人で30代に入るくらいから髪の毛が薄くなってくる人がいますが、40代になるとその数はかなり増えてきます。

ハゲてる、髪が薄いというのは結構なコンプレックスになってしまいがちですが、髪の毛が薄い人で一番モテることから遠ざかってしまうのは、髪の毛を伸ばして不自然に隠すことではないでしょうか。

不自然に伸びた髪と、不自然に流れる髪型によって、「隠したいという欲求」は他の人にはすぐにバレてしまうのですが、コンプレックスを隠したい一心で何とか隠そうとする努力が時には盲目的になってしまうこともあるのかもしれません。

不自然に隠そうとするよりも、髪の毛の薄いメンズは短髪にする方がすっきり潔くてカッコイイ。薄くなってしまった毛髪は隠しても隠し切れないですが、逆にサッパリとした方が目立たないことの方が多いような気がします。

髪が薄いのが目立たなくなるし、清潔感すら出てくるから不思議なものです。40代くらいになればスッキリ短髪にしてもちょっとくらい薄い方がカッコ良く見えたりもする人もいるのではないでしょうか。

有名人でも頭髪が薄くても、短髪にしてカッコイイ男性はいますよね。あえて例を挙げませんが、こうした人の髪型は参考になると思います。

吹っ切れるまで多少時間はかかるかもしれませんが、なるべく早いうちに短髪にした方が、それまでとのギャップも少ないので目立つこともないはずです。

それでもやっぱり髪の毛を増やしたいなら…

そうとはいっても、まだ髪が生える可能性があるならフサフサの髪の毛にしたいという人の方が多いかもしれませんね。

正直なところ、毛根が完全に死んでしまっていなければ、まだ髪の毛が復活する可能性はあります。

かなり危険な方法だと思うのですが、参考まで。(実践する際は詳細を調べてからにして欲しいです)

職場の先輩が、かなり薄毛に悩んで色々と調べて実践してみんなが驚くほどフサフサの髪の毛を手に入れました。

わずか2ヶ月くらいだったように思います。

その方法は、服用するステロイド剤の副作用で毛深くなるというのを利用したものだそうです。その先輩は海外から薬を輸入して、本来の効能は全く期待せずに副作用を期待して服用していたようです。その結果、かなり薄くなっていた髪の毛はすっかりフサフサになり、ハゲ属性から完全に卒業してしまいました。

ただ、注意すべき点があって、薬は続けなくてはいけないそうで、服用を止めたらもっと薄毛が進行するようです。

若ハゲに悩んでいた後輩も真似をして飲み続けていると、少しずつ効果が出始めてきたものの、薬を飲むと心臓がドキドキする(本人談)ことと、ズボラな性格から途中から飲み忘れることが増えて、結局飲み続けないという決断をしました。

その結果、30代前半とは思えないほどの極度のM字ハゲとなってしまい、かなり薄毛が進行してしまいました。

もっと安全に薄毛を治したい場合

薬の副作用を利用するこの方法は、体に負担をかけることと、一度飲み始めたらずっと続けなくてはいけないというのは相当危険な方法だと思います。

一度手を出したら、髪の毛はいらないと思う日まで(そんな日はきっとやってこないw)ずっと飲み続けなくてはいけないわけですからね。ある意味危険ドラッグに近いような感じですw

体はどうなっても髪の毛を生やしたいというのであればこの方法がきっと確率は高いと思いますが、やっぱり健康を第一に保ちつつ髪を生やしたいという人の方が多いはず。

最近はちょっと変わった方法で薄毛が治せるようになってきてますしね。(かなり売れてるそうです)

頭にフルーツを塗って髪の毛を生やす方法

これまで色んな育毛剤を見てきましたが、インパクトは間違いなくダントツで1位です^^

それにしても誰がこんな方法を発見したんでしょうかね。

良い記事でしたらシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。