40代の髪型(メンズ)を考える。白髪が目立ってきたらどうするべきか?

白髪は染めるべきか染めないべきか

早い人で30代くらいから白髪が出始めますが、大多数は40代くらいから本格的に白髪が出始めるでしょうか。

初めの数本であれば抜けばOKですが、徐々に増えてきて

「そろそろ毛染めしようかな…」

など、白髪の扱いについて考え始めるようになってきます。

この段階で選択するのがだいた以下の3つで、

  1. 出てきた白髪はそのままにしておく(染めない)
  2. 黒く染める
  3. 茶髪にする

だいたいこんな選択肢の中から選ぶのではないでしょうか。

モテる40代になりたいなら、①は選択肢から外れてきますかね。意外と少しの白髪は目立つので、こいつもだいぶオジサンになってきたなーなんて思われてしまうのがこのちょっと白髪状態。ちょっと白髪だとあまりカッコイイ状態にはなりませんね。

たまに、前髪だけちょっと白髪を残すスタイルをする人はいますが、このスタイルは賛否両論あるような気がしますし。

ですから、まだ少しだけ白髪の状態なら染めても良いような気がします。まだ40代だったら黒い髪の毛であっても違和感は全くないでしょうし。

もっと年を重ねて50代後半くらいになってもまだ黒々としているのは違和感が出てくるかもしれませんが、40代でしたらまだ黒く染めても違和感はないでしょう。

ただ、染める時に「どうせ染めるなら茶色にしたらより若く見えるのでは?」という思いで茶色に染める人もいますが、若作り感が強くならないように気をつけたいところです。

ヘアースタイルって若い時の流行をそのまま続ける人が多く、当時流行った茶髪にしまわないよう注意が必要です。

最近のヘアースタイルの流れでは40代で茶髪というのは流行らないような気がします。やはりナチュラルな黒髪で落ち着いた感じの40代の方がカッコイイ男になれるのではないでしょうか。

染めない時でも白髪が目立たない髪型はある?

ちょっと白髪が出てきたなーと思ったら、ここにもあそこにもといくつも白髪があるのが見つかってくるものです。

そうなってくると、恐らくは見えないところにも白髪が点在しているはずです。

なので、白髪が目立つようになってくると髪型で隠すにも限界があるので、短く刈り込むようにする人はいますね。ただの短髪だと小学生のスポーツ刈りみたいになってしまうので、できればもう少しデザイン的にも気を配りたいところですね。

そう考えるとまだ40代くらいであれば髪型ではなく白髪染めで対策する方が良いのではないでしょうか。

簡単にカッコ良く白髪染めをする方法

白髪染めでカッコ悪いのは、黒々していかにも「染めましたー」感のある髪の毛ですよね。

黒い革靴みたいにテカった黒々しい髪をしている中年男性を見かけます(どこかの国の大統領とか)が、もっと自然な方がカッコ良いと思います。

昔の白髪染めは、こうした黒々しい感じになりがちですが、今は徐々に黒くなっていく染め方ができるものが増えてきました。

しかも簡単。

中でもこの「lplp」は頭皮にも優しいのでオススメです。

女性向けの製品でしょうけれど、女性向けの方が白髪染め製品は良品が多いので男性向けから敢えて選ぶ必要はないと思います。

結局は、簡単にナチュラルに白髪染めができればいいだけのことですから。

使ってみて納得できなければ返金もできますし、ちょっと試しに染めてみようかなという時に便利な白髪染めです。

40代で白髪がない人は何が違う?

40代でも全くと言っていいほど白髪もなく、若々しい人は何が違うのでしょうか。

中には自然に見えるように染めている人もいますが、染めなくても白髪がないという人もいるようです。

また、一時的に白髪ができたけれど体調面を改善するために青汁を飲んでいたら白髪がいつの間にかなくなったという人もいます。

白髪はストレスによってできるという説が根強いですが、しっかりと栄養素を補えば白髪がでなくさせることも可能だということがわかります。

ちなみにその人が飲んでいた青汁はこれ。

「青汁と乳酸菌」公式ページ

良い記事でしたらシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。