40代のダサいファッションの特徴

世の中には色んなファッションセンスの人がいます。

服屋へ行っても、たくさん売られているのに気に入る服がなかなか見つからなかったり、時には「誰がこんな服を着るのか?」と思ってしまうようなものも売っていたりします。

周りを見ても、いつ見てもオシャレな人がいる一方で、いつ見てもダサい人がいるのも事実。服に拘っているらしく色んな服を持っているみたいだけど、どの服もダサいという人もいますよね。

ファッションの良し悪しは人の価値観によっても変わるものですが、やはりある程度のラインを超えると大多数の人が「ダサい奴」と感じる服装というものはあるように感じます。

ここでは40代のメンズファッションでダサいとされるアイテムや着こなしについてまとめてみることにします。

ダサい40代男性のファッションあるある3選

①いつまでも青年っぽい服装

40代でも中学生頃に着ていたようなカジュアルライクな服装をしている男性。自分はまだ若いと思っている人に多いのではないでしょうか。

例えば古着のスクールトレーナーとか。オシャレに目覚めた中学生や高校生だったらカッコイイけれど40歳を超えたオヤジが着るのはどうなんでしょう。

年齢に合わせたファッションってやっぱりあるよなーと感じさせられる一着です。

②スポーティーすぎる服装

太ももの中盤くらいまでの長さの短パンとか、ジムに行くような恰好で街を歩く大人。

ピチピチの短パンに「ぶっころす」と書かれたTシャツでデートにやってきた男にドン引きしたと言っていた友達がいますが、気持ちはよーくわかります。

スポーティーなファッションも良いですが、過ぎるのはやはり良くありませんね。

③ヨレヨレの服装

服装に興味がないといってもTシャツの原型をなしていないほどのヨレヨレシャツを平気な顔して着てくる人や、しわくちゃのシャツを着てくる大人はさすがに興味がなさ過ぎではないでしょうか。

よく「服を着る」という選択をしたよなーと褒めてしまいそうになるくらいです。

40代でこのブランドはダサイ!?

40代になってもこのブランドを着てますか。。あなたダサイですね。

なんてあるでしょうか。

まぁ、20代の子が着ているようなブランドを着ているのはダサイです。確実に。

40代だったらもう少し大人の格好をしましょうよ思ってしまいます。

あとは個人のセンスによって変わってくると思うんですけどね。

というのも、当ブログにご意見を寄せてくれる方の中に、「○○(ブランド名)はダサいですよね」という声が増えてきているのです。かなり人気の高いブランドでこうした傾向が高いのですが、たしかにこれはどうなのかなと思える服はありますよ。どのブランドにも言えると思いますけどね。

このブランドの服はどれもカッコイイ!というのはないのと同じように、このブランド全てがダサいというのもないと思うのですが、いくつか寄せられているブランドについて返信するという意味も込めて書いてみようと思います。

40代でフラッドヘッドはダサい?

アメカジを好きになった頃、フラットヘッドは憧れの存在でした。そんなフラットヘッドをダサいと思っている人がいるとは意外でした。

確かに、イメージ的には古きアメリカ臭が強いアイテムも多いです。40歳を超えてこうしたアイテムを着ているのは根っからのアメカジ好きなのかもしれません。

アメカジ好きでない人にとってはダサいファッション以外の何物でもないと思うのもわからなくもありません。

例えばこんな感じでしょうか。

たしかにアクの強いアイテムではありますけどね。

フラットヘッドと言えば、いつか買おうと思っているこのディアスキンシャツ。

かっこいいと思いますけどねー。

デラックスウエアはダサい?

フラットヘッドに続いてダサいメールが来たのがこのデラックスウエアです。

俺はかなり好きなブランドですけどね。

代表の村松さんにお会いしたことがありますが、自社の製品に対する情熱はハンパではありません。

ダサいとメールを貰ってまず思い浮かんだのが、Tシャツのプリントのことかなーということ。確かに、これは着ないなーというデザインのシャツは販売されています。

例えばこれなんかどうでしょう。

俺がデラックスウエア製品で次に買おうと思っているのが、このレザーベスト。

って、またレザーアイテムの紹介になってしまったな…。

デラックスウエアのアイテムは一生モノが多いと思うんですけどね、作りもしっかりしてるし。

良い記事でしたらシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。